出張の日

  • 2017.09.22 Friday
  • 15:37

本日の深夜便にて出発です。

パッキングやらオーダーやらでてんやわんやです。

 

みなさん店頭でもよく工場がご興味あるらしく、どんな感じなの?どうやっていくの?と色々

聞いて頂いてるので、ちょっと出張の事について説明しますね。

 

ほとんどの出張は、深夜便で出発し、現地に着いたら国内線に飛び乗り、

その後車で2時間の道のり。

無になって移動するので最近は遠いっていう感覚が無くなりました。

 

深夜の12時に出れば次の日の朝の10時に着く感じなら全然遠い感じはしません。

日本だって名古屋から鹿児島の奥地に行こうと思えば、それぐらいかかるか、

それ以上かかりますもんね。

 

でもやっぱり到着した時は少し安心。だって飛行機怖いです。そんで嫌いです。

国内線は特にめっちゃ小さくて、プロペラ機なので毎回毎回不安。

本当は陸路がいいですが、実際問題バスで10時間の道のりは正直毎回はきついです

。時間は買えるなら買いたい派です(せっかちなんで)

 

現地に着くとクロコダイルの見回りとかスタッフとの会話。工場長との話し合い。

養殖業連盟の人達と会ったり、県工業連盟協会の会合だったり、あっという間の

日々が始まります。

 

工場の場所はタイといってもラオスの国境に近いので、雰囲気的にはラオスに近い

ような気がします。

共通語はタイ語ですが、ラオスに近い事もあり、地元のスタッフはタイ語よりも

ラオス語に近い言葉を話します。

なので、タイ語よりラオス語が上手になりつつあるんです。工場長が英語を話す

ので基本は全て英語で解決しますが、できるだけ現地スタッフと会話をする事を

心がけていますので、勉強中です。

 

食事もともにしますが、激辛料理が多いので大抵お昼は同じもの、夜は出てきたもの

の中から辛くないものを選んでいます。

食べ物にあまり興味が無いほうなので、辛くない限り何でも食べます。

食べて苦手なら今後食べないですが、とりあえず口にするのがモットーです

ただゲテモノももちろんでてきますのでいけそうならいきます。

 

モットーはrespects everyone,どんな慣習、どんな風習でもとりあえず出向いたから

にはそれを尊重・尊敬したいと常々思っておりますので、そうすれば言語による意思疎通

ができなくても、ありがたい事にほとんどの方々はウェルカムしてくれます。

 

今回も色々な方々とお会いし、すこしでも良い発見ができるよう出張頑張ってまいります!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 澄んだ清涼の中に深みがある誘惑のカラー「アクア」
    Y (07/05)
  • 澄んだ清涼の中に深みがある誘惑のカラー「アクア」
    Y#3590bisket (07/04)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM